archives

think

January 21, 2009

デザインコミュニケーション学部 第8期に向けて

スクーリングパッドのデザインコミュニケーション学部は、デザインはコミュニケーションの重要なメディアであり、未来を切り開く大きな力になるということを中心にいろいろなゲストスピーカーとのセッションを通じて柔軟な思考を身につけるべく開催し、今まで7期で400人近くの人々が来てくれた。

日本の教育は問題に対し如何に迅速に解答を出すかという、製造業をベースにした考えで行われてきましたが、これからの社会は、デザインや問題が何かを探すソフトパワーが重要な時代になってきている。

現在、世界的に100年に一度の大不況といわれている。大量にモノを作ったり、大きな組織であることが安全かというと、そうではないのが見えてきた。これは人類の文明の進化から見ても大きな転機を迎えていると思われる。今こそ我々のクリエイティブな力が試される時なのではないだろうか。

オバマの選挙で見た、コミュニケーションの力と情報の流れと資金の流れ、人々の希望と夢の持って行き方はまさにウェブ2.0社会の先にあるものではないだろうか。

しかし現在日本の社会では次に来る社会への対応が遅れていると思う。僕は本当は高い意識を持って、デザインを深く理解して、情報をきちんと作り上げることができるオバマ型のリーダーを育てたいと思っている。

自分の夢をきちんと語り、社会に対して発信して行くことができる人間。それは美意識と思想を持って情報を発信できる人に他ならない。それは社会で今最も求められている力でもある。まずは現在の自分の置かれている状況を静かに分析し、スクーリングパッドで共に学んで行きましょう。

◀ オバマ大統領就任式ライブ | MAIN | inaugurationという単語 ▶

twitter