archives

speak

August 31, 2007

藤巻幸夫さんとの対談

藤巻幸夫さんとの対談。話題は、銭湯/長屋について。


藤巻幸夫氏

伊勢丹時代、『解放区』という新人デザイナーを発掘するアバンギャルドな売り場を作った。パリ五月革命の頃の雰囲気を視野に入れ、東京のファッションを組み立て、そして発信した。

その力を買われて老舗シャツメーカー、福助の再生に社長として抜擢され男を上げた。その後セブンアイホールディングの役員/ファションディレクターとして活躍している。

持ち前のエネルギーと人懐っこい性格で多くの友人を持つ。ファションと流通が変わりつつある現在の日本でのキーマンの一人として、今後の活躍がさらに期待される。黒崎にとってもイデー・カフェで会って以来忘れられない存在。


◀ ものの価値と価格 | MAIN | 時代の空気、デザインの流れ、スクーリングパッド ▶

twitter